文人郷

スポット一覧
スポット情報を投稿する
文人郷HP
名 称石川啄木ゆかりの蓋平館別荘跡(いしかわたくぼくゆかりのがいへいかんべっそうあと)
文人名石川啄木
紹 介

石川啄木(一・1886〜1912)は,明治41年(1908)5月,北海道の放浪から創作生活に入るため上京し,赤心館(オルガノ工場内・現本郷5-5-6)に下宿した。小説5篇を執筆したが,売り込みに失敗,収入の道なく,短歌を作ってその苦しみをまぎらした。前の歌碑の「東海の……」の歌は,この時の歌である。
赤心館での下宿代が滞り,金田一京助に救われて,同年9月6日,この地にあった蓋平館別荘に移った。3階の3畳半の室に入ったが,「富士が見える,富士が見える。」と喜んだという。
ここでは小説『鳥影』を書き,東京毎日新聞社に連載された。また,『スバル』が相関され,啄木は名義人となった。北原白秋,木下杢太郎や吉井勇の歌碑などが編集のため訪れた。
東京朝日新聞社の校正係として定職を得,旧本郷弓町(現本郷2-38-9)の喜の床に移った。ここでの生活は9か月間であった。
蓋平館は,昭和10年ごろ太栄館と名称が変わったが,その建物は昭和29年の失火で焼けた。

父のごと 秋はいかめし
母のごと 秋はなつかし
家持たぬ児に
(明治41年9月14日作・蓋平館で)

情報提供者

文京区教育委員会

(C) 2015 Bunjinkyou. All Rights Reserved.