文人郷

スポット一覧
スポット情報を投稿する
文人郷HP
名 称真砂遺跡(まさごいせき)
文人名正岡子規
紹 介文京区女性センターの建っているこの地に,江戸時代の宝永元年(1704)から安政5年(1858)までのおよそ150年間,唐津(佐賀県)藩主・小笠原氏の中屋敷,そして幕末まで上田(長野県)藩主・松平氏の中屋敷があった。
現在の建物を建築するにあたり,昭和59年に発掘し調査した結果,数々の遺構と遺物を検出し,当時の武家屋敷とそこで働く人々の生活を知る貴重な資料を得ることができた。この遺跡をもとの町名にちなんで「真砂遺跡」と命名した。
出 土品で最も多かったのは,生活用具としての陶磁器であったが,文京区内では非常に珍しい1万8千年位前に使われたと思われる黒曜石の矢じり,18世紀にオ ランダでつくられた土製のクレイパイプなどが発見された。遺構としては,火災の時の荷物の避難場所,あるいは酒やみその発行場所と考えられる40にも及ぶ 地下室,千川上水を引き込んだ上水遺跡等が発掘され,多大な成果を収めた。
またこの地にあったグラウンドでは正岡子規が野球をしていたと伝えられている。
情報提供者

文京区教育委員会

関連施設

文京区女性センターの建っているこの地に,江戸時代の宝永元年(1704)から安政5年(1858)までのおよそ150年間,唐津(佐賀県)藩主・小笠原氏の中屋敷,そして幕末まで上田(長野県)藩主・松平氏の中屋敷があった。
現在の建物を建築するにあたり,昭和59年に発掘し調査した結果,数々の遺構と遺物を検出し,当時の武家屋敷とそこで働く人々の生活を知る貴重な資料を得ることができた。この遺跡をもとの町名にちなんで「真砂遺跡」と命名した。
出 土品で最も多かったのは,生活用具としての陶磁器であったが,文京区内では非常に珍しい1万8千年位前に使われたと思われる黒曜石の矢じり,18世紀にオ ランダでつくられた土製のクレイパイプなどが発見された。遺構としては,火災の時の荷物の避難場所,あるいは酒やみその発行場所と考えられる40にも及ぶ 地下室,千川上水を引き込んだ上水遺跡等が発掘され,多大な成果を収めた。
またこの地にあったグラウンドでは正岡子規が野球をしていたと伝えられている。

菊坂界隈文人マップ

真砂遺跡

(C) 2015 Bunjinkyou. All Rights Reserved.