文人郷

スポット一覧
スポット情報を投稿する
文人郷HP
名 称本妙寺(第四校)跡と私立女子美術学校菊坂校舎跡(ほんみょうじ(だいよんこう)あととしりつじょしびじゅつがっこうきくさかこうしゃあと)
紹 介

本妙寺(現在豊島区巣鴨5-35-6)は旧菊坂82番地(現本郷5-16)の台地一体にあった法華宗の大慈院であった。寺伝によれば寛永13年(1636)にこの地に移ってきた。
境内には北山奉行“遠山の金さん”こと遠山左衛門尉景元,幕末の剣豪千葉周作や囲碁の本因坊歴代の墓所が会った。
明暦3年(1657)の大家“振袖火事”の火元とされているが原因には諸説がある。この大火後,幕府は防火対策を中心に都市計画を打ち出し,文京区の地域には寺社,武家屋敷などが多く移転してきて,漸次発展することとなった。



この地に,明治42年(1909)佐藤志津校長らの尽力により,私立女子美術学校【現女子美術大学・同短期大学:創立明治33年(1900)本郷弓町】・佐藤高等女学校【現同大学付属高等学校・中学校:創立大正4年(1915)】の菊坂校舎が建設された。特に女子を対象とした美術教育の専門学校として,画期的な役割を果たしたが,更に大規模な校地を求め,昭和10年(1931)現杉並区和田へ移転した。


明治5年(1872),近代教育制度の基となる「学制」が決められた。それに先立ち東京府は,明治3年(1870)年6月,市内に6つの小学校を開設した。

最初の公立小学校である。そのうちの1校が,この地(旧本郷丸山)にあった「本妙寺」に置かれた「第四校」である。
この小学校は,中学に進み専門学科を学ぶ者のために普通学を授けた。そのため程度も高く,主に漢籍を教授した。
開校当時の生徒数は不詳であるが,職員は7名であった。
翌4年(1871)12月,文部省直轄の「共立学校」となり,近くの麟祥院(旧龍岡町)境内に移った。今日の湯島小学校の前身である。

情報提供者

文京区教育委員会

(C) 2015 Bunjinkyou. All Rights Reserved.